HOW TO 困ったら

  1. あなたは大丈夫?!SNSで幻滅される投稿

あなたは大丈夫?!SNSで幻滅される投稿

こんにちは!デートコンシェルジュスタッフです♪
近年はSNSが流行っていますよね。気軽に投稿できて、その投稿への反応が見られるのも楽しい部分ですよね。でも、相手の顔が見えないからこそ、見ている人がどう思っているのかもわからない部分です。あなたのその投稿、大丈夫ですか…?好きな人や友達からイメージダウンされるような投稿をしていませんか?!?!
今回は、そんな幻滅される投稿をご紹介していきます。

01.自慢

遅刻してきても怒らない!広い心をもって!

「“高級料理店名”の料理は何回食べても美味しいね!」「高級ホテルに連れてきてもらった」などの自慢ともとれるような投稿は控えましょう。やはり人間、人の自慢は鼻につくものです。自慢によって大切な人たちから嫌煙されないよう気をつけましょう!

02.自撮り写真付きの投稿

褒めてあげよう

なにかにつけて自分の自撮り写真を投稿する女性。これは確実にドン引きされています。ナルシスト感が満載だからです。影で、「あの子自撮りばっかりアップして…(笑)」と笑いものにされている可能性が高いので気をつけましょう。

03.愚痴やネガティブな投稿

歩調を合わせる

「仕事が辛すぎる。辞めたい」「あいつ嫌い」「こんなことがあった。本当に最悪。」等々、ネガティブな投稿は見ている方の気持ちまでネガティブにさせます。心配のコメントをする反面、“かまってちゃん”“かまってくん”だと思われている危険性も大です!
嫌なことがあって、吐き出したくなる気持ちはわかります。でも、SNSは不特定多数の人が見ている場です。そこで憂さ晴らしをするよりも、友人や家族に直接相談してみた方がよほど気も晴れることでしょう。

04.自己啓発系の発言

浴衣が汚れないように気をつけてあげる

たまに、ならいいと思いますが頻繁にこの手の投稿をする人は、見ている人をイラッとさせたり不安にさせたりしているかも。自分を奮い立たせるような投稿や、自分の成長を示唆するような投稿、自己啓発セミナーや自己啓発本に影響されたような投稿は“だから何?”“影響されすぎ”“頑張ってるアピール?”“怪しいセミナーに出ているなあ…”等々、良くは思われません。下手すると投稿非表示設定にされるかも…(実際ブロックしている方を見た事があります!笑)
自己啓発するのは大変結構ですが、自分の中だけにとどめておきましょう。

05.日常の報告

浴衣が汚れないように気をつけてあげる

「今日は○○していました」「最近のマイブームは○○です」「散歩してます。」のような、日常の報告は、見ている人にとって“いいね”というより“どうでもいいね”です。このような投稿はうっとうしいと思われていることが大半なので、投稿しない方がマシです!

あなたは大丈夫でしたか?知らない間に、周りからのイメージを悪くしていませんでしたか?!SNSの投稿で好きな人や友達から遠ざけられるくらいなら、普段から投稿に気をつけておきましょう!!